いつかみた夢の記録

作り笑顔が素敵な爽やか社畜のはにかみ系ブログです。

俺の中のゴーストがそう囁いている

よし、と言いつつ、今日も気合いを入れて目を覚まし、洗面台に行き、顔を洗い、歯を磨き、鼻毛をチェックしながら俺は思った。


このままでは、日常に流されて、気づいたら、このまま年老いて、定年退職し、GBをしながら余生を送るなんともつまらない人生でポックリ逝ってしまう。ちなみに、GBとは、ゲートボールの略、ああ、これでいいのか、これでいいのかしら、何か生活に張りが欲しい、張りがほしいなー、社会人になりたてのあの頃、島耕作バリに仕事して、俺の大町君とちょめちょめして。。。なんて妄想してた俺、そんな俺は大町君とは出会うこともなく、バリバリの社畜として社内で目立たないように、ひっそりと生きている。友達はいない。最近は、数少ない同期の女性に、大町君を紹介しろとメールするのが生き甲斐です。ピヨピヨ。まずい、このままでは非常にまずい。理由はないけどまずい気がする。何かしなければ、何か、ああ、そうだ、ブログをやろう。ブログをやれば何か変わるかもしれない、変わらないかもしれない、いや変わらんやろ、でもなんか、生活に張りとか潤いとか得られるかもしれない、お肌の張りとか潤いとかも取り戻せるかもしれないし。よし、いっちょブログでも書いてみよう。ブログを書いて、お肌の潤いを取り戻すのだ。


テーマはない!